記事代行サンプル – 自分でできる、ムダ毛処理方法

 

自分でできる、ムダ毛処理方法

女性にとってムダ毛は文字通りムダでしかありません。
自分で行えば1番お金がかかりませんが、クリニックやエステに通うのも評判がいいです。
エステは勧誘がしつこく、1050円でと釣っておいて行けば他の施術も勧められるのがよくあるパターンです。しかし、それが全て粗悪なわけではなく、お金をかけた分はキレイを手にすることができます。
他人に行ってもらう方法で一番安全なのは医院でのムダ毛処理です。
お金をかけない方法として、自分での処理を行うことについて考えます。
カミソリで剃る事について、カミソリを買って剃るだけなのでお金は一番掛かりません。
正しいカミソリでのムダ毛処理方法は、肌へのダメージが気になります。
毛穴を広げ、毛を柔らかくして剃りやすくする為に蒸しタオル(レンジで30秒でできます)で剃る部分を当てます。次にシェービングクリームを塗って、肌をピンとなるように押えて毛の流れと逆方向に優しくカミソリを当てて剃ります。
剃った後は保湿をします。ノンアルコールのローションなど、専用のケアアイテムもあります。ドラッグストアで売ってるものを探しましょう。
処理後のカミソリもキレイに洗います。そのままだと雑菌がついたり、カミソリのキレが悪くなります。
どの方法で処理するかは手間をかけるかお金をかけるかそれぞれメリット、デメリットがあります。経済面、性格面、生活面を考え、どの方法が自分に合っているか考えましょう。

 

記事代行サンプル – オーガニックコスメ

 

オーガニックコスメ

花や草の成分や天然の成分を使った化粧品をオーガニックコスメと言うそうです。オーガニックコスメ・無添加化粧品・自然派コスメ等身体に優しい製品は女性だけでなく近頃は、男性でも購入する機会があるのではないでしょうか。

そもそもオーガニックって何だっけ?と疑問に思う方も中にはみえると思いますが“オーガニック”とは有機栽培の意味で、有機肥料などにより土壌の持つ力を活かして栽培する農法の事を指します。ですから本来の意味では、オーガニックコスメは農薬や化学肥料を使わずに有機栽培された植物からできた成分が主原料である化粧品ということになるのですが、近頃は少量のオーガニック成分が入っただけの製品でも“オーガニックコスメ”と鋲打った物が出回っているようです。

海外では既にいくつかの自然派化粧品とオーガニックコスメの認証ができています。

代表的な認証をあげると「BDIH」「エコサート」「コスメビオ」「デメター」「英国土壌協会」「ネイトルー」などですが、これらの認証は、各団体によって、かなり基準の定め方が異なり化粧品の基準はまだまだ進化の途中といったほうが良さそうです。

一方日本には、まだオーガニックコスメ認証はなく「日本オーガニックコスメ協会」は消費者の立場から、オーガニックコスメの基準を提案していく為の組織です。

戦後、化粧品は石油精製の過程から出てくる合成成分が主体となっていました。

合成防腐剤、合成界面活性剤、合成色素(タール色素)等、女性を美しくするには程遠いような原料が使われていたのです。ですが、現在は、女性の為の化粧品として合成防腐剤が天然性分から抽出されたローズマリーエキスやヒノキオイルになり、合成海面活性剤の替わりにレシチンや大根のエキスえんどう豆を使用したり製品開発に特徴ある商品が数多く売られています。

先ほど申しましたように日本ではまだオーガニック化粧品の認証は確立されておらず、あいまいな点が多いのですが、天然成分にすると価格が高くなる事は確かだと思います。ですので、使用する側の(見極める目)と(試してみた感じ)は大切ですし近頃は製品を評価したりお勧めするサイトもあるそうですので、利用してみるのも賢明かもしれませんね。